職種によっては全く人前で話す機会が無いという人もいると思いますが、今回は人前で話す時の癖でいつも思うことを書いてみようと思います。

普通の人なら人前で話す、それも大勢の人の前で話すとなると緊張します。
予め話す内容を決めていても、原稿を用意していても緊張します。

そいういう緊張の一種だと思うのですが、話している途中につなぎ言葉のように何度も「えー」とか「あのー」という人がいますよね。

校長先生の話でも、それが気になって回数数えちゃうことありませんでしたか?

 

タイミングとしてはひとつの文章が一区切り付いて、次の話が始まるところで入れちゃう人が多いように感じます。

そして、そんなつなぎ言葉の中でも私が一番印象悪いなと思うのが「まぁ」です。

なぜ「まぁ」だと印象が悪くなるのか

普段「まぁ」を使うタイミングを考えてみると、話してる内容は「大したことではないけど」「100%そう思ってるわけではないけど」のようなそこまで重要ではない事柄に使っている事に気づきました。

短い言葉だと「まぁね~」とか、「まぁ、大したことじゃないんですけどね。」とかを連想します。

結局、不快感の原因は「まぁ」から連想する言葉の意味だったわけです。

自分たちは時間を割いてあなたの話を聞いているにもかかわらず、
喋ってる本人は「大した話じゃないんですけどねー」ってノリで話しているように聞こえるのです。

大事なことじゃないなら話すなよ!と。

そこまで言うなら、何なら印象悪くならないのか

先日参加したセミナーで講師の方の話し方を観察していて、その応えを見つけました。

それは沈黙です。

そのセミナーの講師の方は、聞いている私たちが不安になるくらい長めの間を開けてから大事なポイントを説明していました。そうすると嫌でも聞き手の集中力は高まり、そのポイントをきちんと聞き取って理解することが出来ました。

言葉に詰まってしまった時、なにか音を発していないと不安になりますが、そこを我慢するとその沈黙は巧妙な”間”となって、沈黙によって聞き手の集中力は一気に高まります。そしてその次に話すことを聞き逃さずにすみます。

つなぎ言葉をカウントしていると、実際何の話だったか分からなくなりますよねw

というわけで、人前で話すときは、話す内容だけでなく話し方も気をつけてほしいな~という愚痴でした。自分も多分聞きづらい話し方してそうなので気をつけなきゃなとも思います。

ちなみに、自分の話方がどんなか分からないなら、一度録音してみることをお勧めします。ガチならw

ではっ ノシ