昼からでも間に合う!CB1100EXで行く奥多摩黄金定番ルートツーリング

「『バイク乗りたいね』と俺が俺に言ったから、七月二日は俺だけのツーリング記念日」

どうも、ほとんどのツーリングが俺だけの俺ことエムオです。

最近はトイレ休憩のたびに自分の見た目に絶望感を味わうことを得意としています。

梅雨の晴れ間は天気が読めない

急遽晴れた時、「あー、バイク乗ればよかったなぁ~」ってなりますよね。

それがまだ12時ころなら諦めるのはまだ早いっ。

とばかりに、奥多摩湖→大菩薩ラインの奥多摩黄金ルートを走ってきました。

まずは奥多摩湖へ

都心から1時間半~2時間あれば到着可能な奥多摩湖へ。

自然、峠、温泉、キャンプとなんでも揃った都心からの定番スポットだ。

都心からは青梅街道をひたすら西に向かえばいつの間にか奥多摩です。

奥多摩の入り口と言っても良い場所にまんじゅうの名店「へそまんじゅう本舗」がある。

10年以上奥多摩にきているが今回はじめて購入。

へそまんじゅう本舗

へそまんじゅう本舗。雰囲気のある名店。


へそまんじゅう

一箱買ったらおまけで1つくれました。

おまけで1つ貰ったへそまんじゅうがめちゃめちゃ美味しい。

蒸し容器から取り出したてのまんじゅうがこんなに美味しいとは!

ちなみにおみやげで持ち帰って食べると至って普通ですw

そんなまんじゅうをモグつきながら奥多摩湖へ。

定番の休憩スポット、「奥多摩水と緑のふれあい館」に到着。

天気が良いので一旦奥多摩湖を観察。

奥多摩水と緑のふれあい館

奥多摩水と緑のふれあい館の駐車場に到着


奥多摩水と緑のふれあい館

何回きたかわからない奥多摩水と緑のふれあい館


IMG_9572

この日の奥多摩湖はだいぶ綺麗。


IMG_9573

奥多摩ダムの水門。


IMG_9574

奥多摩湖を見渡す(一人で)


IMG_9576

ダムの上を通れます。


IMG_9577

体力があれば向こう岸までどうぞw


IMG_9578

ダム上からも奥多摩湖を見渡す。

奥多摩水と緑のふれあい館

IMG_9457

定番の東京の水の流れ。よく出来てる。


IMG_9461

奥多摩の歴史を見れる


IMG_9462

当時の道具がちらほら。


IMG_9465

天狗や獅子舞。


IMG_9466

人形。生首が並ぶw


IMG_9468

生首怖いが意外とクオリティが高い。


IMG_9463

ノコギリなど木を切ったりの道具。


IMG_9464

歴史系の展示は結構楽しい。


IMG_9467

木を触れる。


IMG_9469

怖い・・・

おすすめのルート 大菩薩ライン

奥多摩の歴史を堪能し、ツーリングを再開。

奥多摩と言えば周遊道路ですが、音速の貴公子達とのバトルが待っていることが多いので、腕に覚えのない人はあえて無視して大菩薩ラインへ進むのがおすすめです。

以下のマップの峠の茶屋まで軽快な道が続きます。

走りやすいワインディングのため、腕に自身がなくても結構なハイペースで気持よく走れてしまいます。

前に車がいるとちょっと辛くなるが、あえて抜かさずちょっと止まって景色を楽しんでまた走りだすのが良いかもです。

IMG_9586

大菩薩ラインは素敵な道の続きます。


IMG_9587

大菩薩ラインの標識。


IMG_9588

峠の茶屋まで一気に走る。


IMG_9589

駐車場から富士山が見え・・・ない(´・ω・`)

ここからはタイトな下り坂が続きます。

上りの軽快さを微塵も感じさせずゆっくり下ります・・・(´・ω・`)

奥多摩をまた戻ってもいいですが、時間がない場合はまっすぐ下って勝沼ICまで行ってしまうのがおすすめです。

山を降り、フルーツラインへ進みます。

IMG_9591

フルーツラインからの眺めが素敵。


IMG_9592

大きめの休憩スポット。暑い。


IMG_9593

愛車をパシャリ。


IMG_9594

霧なのか雲なのか梅雨の晴れ間的な晴れ。


IMG_9596

勝沼ICから一気に談合坂SAへ。


IMG_9599

談合坂SAで食べログの出店がありました。


IMG_9598

せっかくなので店内へ。


IMG_9597

1位のラーメンと1位のビーフジャーキーを購入。カモにされる。


IMG_9602

そして一気に八王子IC!

昼12時ころに出て、夕日を浴びながら東京へ向かう。

夕食の時間には家に帰れますのでなかなか素敵な日帰りツーリングになります。

ポッカリと時間が空いた時にオススメです。

是非!

CB1100EXも走行距離2,000キロを超えたので、またインプレしたいと思います!

ではノシ。