MOTO GUZZI V9 BOBBER 動画やさしいバイク解説:モト・グッツィ V9ボバー

※2016/9/12追記

MOTO GUZZIのV9 BOBBERが国内発売するという発表がありました。

BOLTの対抗馬なのか、SCR950の対抗馬なのか微妙な位置づけではあるものの、絶妙なタイミングで絶妙なカテゴリーではないでしょうか。

とにかくエンジンの楽しさもあるだろうし、サイズ感も程よく車両重量がなんと199kg!軽い!

BOLTは247kg、SCR950は248kg。

アメリカンからのSCR950とV7系の派生のV9 BOBBERという大元の違いからか、だいぶ重量に差があり、扱いやすそうなサイズです。

問題は値段でしょうか。

国内で税込み¥1,248,000。

中々のお値段だし、MOTO GUZZIのサポートが不安になるだろう。

V9 BOBBERの国内発売日

SCR950の発売に先手を打つ形で「7月下旬に発売・納車予定」とのこと。

SCR950(BOLT)かV9 BOBBERどっちが良いか

これはまよう。

BOLTのスタイルが良いならば国産であることを含めBOLT一択で良いだろう。

ただ、こういったバイクを欲しがる人種は人と違うのを欲しがる性質もある。

SCR950(BOLT)の良さ

国産でサポートが期待できる。
値段が安い。
アフターパーツも増えてきている。

V9 BOBBERの良さ

燃費とタンク容量が良さそう。
BOLTやSCR950は12Lタンクで燃費は概ね20Km/L。
V9 BOBBERは15Lタンクで同じ燃費でも航続距離が伸びる。
車体が比較的軽い。
SCR950比でシート高も780mmと丁度乗りやすそうな高さ。
※SCR950はシート高が高いのが良いのだが・・・

しかも以下の様な細かい装備が充実!

【 ABS 】
フロントとリア、それぞれのブレーキを独立して管理する2チャンネル(系統)のABSシステムを採用。ホールロックを感知するとそれを最適に制御し、ホイールロックを抑制します。それによりライダーのブレーキ操作をサポートし、いかなる路面コンディションであってもタイヤのグリップ性能がフルに発揮できるように開発しました。

【 MOTO GUZZI CONTROLLO DI TRAZIONE(MGCT) 】
MGCT (Moto GuzziControllodi Trazione/モト・グッツィ・コントローロ・ディ・トラツィオーネ)は、モト・グッツィのための先進的なトラクションコントロールシステムです。エンジンマネージメントシステムと統合したシステムで、路面温度が低いとき、またウエット路面など路面状況が悪いときにタイヤのグップ性能を最大限に発揮できるよう、ライダーのアクセル操作をサポートするシステムです。前後ホール付近に設置するABS用センサーを使い、前後ホールの回転差位によってスリップを検出し作動し、2段階の介入度合いを選択する事が出来、またOFFにすることも可能です。

【 USB PORT 】
イモビライザーとUSBポートがステアリングヘッドの下に標準装備され、スマホなどの外付けデバイスの充電に便利です。

【 MG-MP(マルチメディア・プラットフォーム) 】
V9 Bobberはモト・グッツィがラインナップするアクセサリーである「モト・グッツィ・メディア・プラットフォーム/MG-MP」を利用することができます。 このアクセサリーはBluetoothを利用し、マシンとライダーが所有するスマートフォンを接続可能。アプリケーションストアで専用無料アプリをダウンロード可能で、スマートフォンを通してV9 Bobberのさまざまな情報を手に入れることができます。

トラコンとUSBは嬉しいし、Bluetoothで接続できるとかってどういうことなん!?

バイクのIOT化が止まらないけどこの辺日本遅れてないすか?

アスラーダ的な人工知能はよっ

見た目

img (2)

SCR950


V9 BOBBER


img (4)

SCR950


V9 BOBBER

めちゃめちゃ似てるな・・・

デザインの軽快感はSCR950だが、実際はV9のほうが軽い。

ただ、タイヤの太さが違うので、乗ってみるとSCR950の方が軽快だったりするかもしれない。

以下のインプレ動画を見ると意外と質感は低そう。

結論は・・・

あくまで自分ならこう選ぶという妄想ですが・・・

SCR950が待てないならV9を買ってしまえばいいと思う。

何より作りの安っぽさがあるものの、車体の軽さとタンク容量は意外と重要な要素。

そして人と被らない!

で、待てるならやっぱりSCR950かな。

カラーリングと信頼性を考えると、所有している時のストレスは少ないと思う。

なので、今すぐ欲しいならV9!

待てるならSCR950!

きっとどっち買っても後悔はない良さがあるでしょう!

V9 BOBBER の動画

いい音!
2気筒乗りたくなってきた!!!

V9 BOBBER のスペック

エンジン4ストローク 空冷90°V 型 2 気筒 OHV 2バルブ
総排気量853cc
ボア × ストローク84㎜×77㎜
最大出力40.44 kW (55 HP) / 6,250 rpm
最大トルク62 Nm / 3,000 rpm
燃料供給方式マレリ製電子制御燃料噴射システム
始動方式セルフ式
トランスミッション6速リターン
クラッチ乾式単板
フレーム高張力鋼管モジュラーダブルクレードル
フロント サスペンションΦ40㎜ 油圧式テレスコピックフォーク 130mmトラベル
リア サスペンションツインショックアブソーバー スプリングプリロード調整可能 97mmトラベル
フロントブレーキ320㎜ステンレスシングルディスク ブレンボ製異径対向 4ピストンキャリパー
リアブレーキ260㎜ステンレスディスクフローティング2ピストンキャリパー
フロントホイール3.5 x 16 アルミダイキャストホイール
リアホイール4.0 x 16アルミダイキャストホイール
フロントタイヤ130/90-16″
リアタイヤ150/80-16″
全長/全幅/全高2,185㎜/ 840㎜/ 1,160㎜
シート高780㎜
ホイールベース1,465㎜
燃料タンク容量15ℓ
車両重量199kg ※燃料を除く全ての油脂類を含みます
ユーティリティUSB充電ポートx 1 (Max 1A)
セーフティシステムMGCTトラクションコントロール、ABS
製造国イタリア
希望小売車両本体価格(消費税8%込み)¥1,248,000

情報源: MOTO GUZZI | V9 BOBBER

情報源: モト・グッツィV9 Bobberの国内仕様を発表 トピックス-バイクブロス