盆休みにバイクで桧原湖オートキャンプサイト、レイクランドヒバラに行ってきました

遠い夢 すてきれずに 故郷をすてた
穏やかな 春の陽射しが ゆれる 小さな駅舎
別離より 悲しみより 憧憬はつよく
淋しさと 背中あわせの ひとりきりの 旅立ち

どうも、動き始めたエムオです。

愛は地球を救うと言ってますが、地球規模で救えるくらいならまず俺を救って欲しいなと切に願って毎年サンドリを聞いています。

4年ぶりに夏に夏休みが取れる当たり前のことをグダグダ言われながら休暇を取れたので、1ヶ月以上眠っていたCB1100EXの封印をとき、キャンプツーリングへ出かけてきました。

目的地は福島県の桧原湖!

磐梯山の裏「裏磐梯」を堪能してきました。

新たに買ったキャンプツーリンググッズ

今回は前回のキャンプツーリングよりも装備を強化して挑みました。

DOPPELGANGER OUTDOOR ライダーズコンフォートタープ TT5-282 広い天井空間 軽量2.2kg

軽量で安価なタープを購入。

テントが小さめなので、タープで屋根を作り広々とした前室を作れます。

いろいろとレビューされていますが、問題ない商品なので初心者におすすめです。

キャプテンスタッグ テーブル トレッカー ジュラルミンロールテーブル ブラック

テーブルがなかったので安心価格のキャプテンスタッグ。

組み立て簡単、軽量で申し分ない商品です。

ローテーブルだと使いにくいですが、これは食事を含め非常にいい高さです。

ジェントス LEDヘルプライト 【連続点灯16時間】 HC-12SL

頭につけるライトです。

夜の作業、トイレ移動に持って来いの便利ライトです。

安いので買っておくと良いでしょう。

ジェントス LEDランタン エクスプローラー SOLシリーズ 【明るさ380ルーメン/連続点灯14時間】 SOL-036C

LEDランタン。

これも値段が安いのにかなりのすぐれもの。

コンパクトな上、明るい、色の選択で暖色にすることが可能。

ぶら下げるときに以下のようなモードにできるため、タープにつけると非常に明るく快適です。

電球モード?

アクティブ スマートフォン ホルダー ( 自転車 ・ バイク 用 ) アンチ ショック アイフォン iPhone 6 / スマホ / GPS などの デバイス に対応 ハンドル 固定

iPhone 6sをナビ代わりにしているので、今回は安価なホルダーを購入。

高いのと迷ったがどうせそんなに長く使えないだろうと安いのをチョイス。

実用上なんの問題もなく利用できました。

どれを買えばいいかわからない場合は一旦これを買うことをおすすめします。

タナックス(TANAX)モトフィズ タンクバッグGT /ブラック MFK-001

マグネット式のタンクバッグ。

ショルダーバッグだと結構邪魔になるので、財布や充電器、カッパなどを入れるのに重宝しました。

手元にあるとすぐに財布が出せるので非常に便利です。

小銭いれもサイドについており、ジップで拡張して大きくすることも可能です。

レインカバーも付属しているのでちょっとしたツーリングであればこれだけで一泊いけるレベルの収納性です。

当たり前ですがデメリットはガソリン入れるたびに外すのが面倒です。

マグネットなのでタンクを傷つけないように多少気を使います。

コールマン グリル パックアウェイグリル

これは超便利です。

コンパクトになるのでバイクに積むのも簡単です。

あとは現地で炭を調達すればBBQが簡単にできます。(私は炭も持参しました。)

網は付属のものを使うと洗うのが大変なので100円ショップで購入して使い捨てすることをおすすめします。

トング、チャッカマンも忘れずに!(100円ショップで)

ツーリング準備

私のCB1100EXは純正キャリアを取り付けただけなので、どこまで積めるかが問題でした。

そこで、今回は以前のバイクで使っていたRV BOXを利用。

RV BOXは箱の底に穴を開けてステーで固定できるようにしています。

IMG_9820

ボックスの中にはキャンプ場にいくまで出さないものを詰め込みます。

IMG_9822

バイクのキャリアに載せる。テント、タープ、テーブル、BBQコンロ、ランタン、木炭等色々。

IMG_9825

キャリアの下からボルトとステーで固定。蝶ナットにすることで工具無しで付け外し可能です。

IMG_9824

ボックスをつけるとこんな感じ。ボックスの上にさらにシートバッグを載せます。

IMG_9826

シートバッグ、タンクバッグを取り付け。更にここから寝袋や椅子を載せます。

盆休み渋滞は大変だった

高速の渋滞を避けるために下道である程度進んでみたが、下道も混雑で死亡。

写真を撮ったりする余裕もなく、6時に出発したのにキャンプ場到着が17時。

IMG_9830

到着が17時で程よい夕日に・・・

img_5462.jpg

急いでタープを設営。

img_5463.jpg

疲れと急ぎの中でなかなかうまく出来なかったがなんとか設営。

IMG_9832

テントもチャチャッと組み立てる。タープはゆとりある広さで2〜3人でも問題なさそう。

IMG_9833

こんな感じ。なかなか素敵。

IMG_9834

20キロ離れたスーパーへ買い出しに行き、すっかり暗くなった中で火おこし。

二日目ツーリング

今回は桧原湖を拠点として2泊同じ場所に泊まることにしたので、ゆっくりと散策。

IMG_9840

翌朝。裏手賀沼なので蚊が多かった。

IMG_9841

キャンプ場を散策していたら桧原湖が見えてきた。

IMG_9843

めっちゃいい天気の桧原湖。

IMG_9844

雲一つない湖の素敵加減がやばい。

IMG_9845

ちなみにレイクランドヒバラはお風呂がついていて初心者や女性にもおすすめ。

IMG_9846

トイレも水洗で洋式。

IMG_9835

ゴミも分別して捨てれば大抵のものが捨てられる。終わったガス缶から炭、網までOKでした。

IMG_9836

炊事場は洗剤と洗えるカナダワシがついてます。

雄国沼湿原に行ってみた

桧原湖から猪苗代湖を通り雄国沼へ向かいます。

天気が良いので道中の動画をとってみました。

IMG_9850

会津を一望できる丘。

IMG_9851

雄国沼に向かう。

IMG_9854

農道がきもちよい。

IMG_9856

対向車が来たら通れないレベルの林道を抜け、雄国沼湿原に到着!見渡しパない!

IMG_9858

熊に注意できない細い道を下ります。かなり体力奪われるの行く人は覚悟を。

IMG_9859

ながーーーーい階段を降りると湿原に。

IMG_9862

板の道がずーっと続きます。広大!

IMG_9863

雄国沼を一望。

IMG_9864

落ちたら帰ってこれなそうな。

五色沼に行ってみた

IMG_9871

沼を後にして道の駅へ。山塩が売りらしいので山塩ソフト。うまし。

IMG_9849

山塩ラーメンも注文。まあ特に語ることはなし。

IMG_9876

なかなかかっこいい父沼。

IMG_9877

これが青沼。めっちゃ青い。

二日目夜

IMG_9880

ゆっくりしすぎていたので五色沼を途中で引き上げまたまたスーパーへ食材調達。戻るとボニーがいた。

IMG_9882

野菜直売所にもよったりしつつキャンプ場に帰還。

IMG_9885

またまた火おこし。明るいうちに。

IMG_9888

福島産の青遠がらし「福耳」でっかいししとうみたいで激旨でした。

IMG_9892

真っ暗になってもタープにランタンをぶら下げるとこの明るさ!

三日目ツーリング(そして現実へ・・・)

現実怖い現実怖い現実怖い現実怖いと言いながらもやってきてしまう最終日。

チェックアウトギリギリまでボーッとしてから撤収に。

IMG_9894

ボー・・・12時チェックアウトなので午前中はボーッと。

IMG_9896

重い腰を上げて撤収作業完了。キャンプ場をあとにします。

IMG_9897

さようならレイクランドヒバラ

下道を進み源三窟へ行ってみた

IMG_9899

源有綱が落ち延びたとされる洞窟へ。

IMG_9900

説明はこんな感じ。悲しいのは米のとぎ汁で発見されて殺されてしまう現実。

IMG_9901

有綱相関図。

IMG_9902

いざ洞窟へ。大人600円。

IMG_9903

いきなり一休さんの解説で空気をぶち壊す。

IMG_9905

こうやってめっちゃ飯食ってたからバレたんじゃないだろうか・・・

IMG_9906

各エリアで説明の音声が流れます。

IMG_9909

人が来ると音声が流れる仕組みなのでめっちゃ怖い。

IMG_9904

かなり狭く頭をぶつけます。

IMG_9907

鍾乳洞ができるまで。

IMG_9908

人がいないし夕方なので怖い。

IMG_9910

無念の霊魂が渡り歩いていった・・・だろうか!?予測!?

IMG_9911

洞窟を出ると展示室に。時代がよくわからない。

IMG_9912

当時の甲冑などが展示されてました。

IMG_9913

急に有綱関係ない話が登場。

IMG_9914

何これ

img_5445.jpg

そんなこんなで今回の旅終了

旅まとめ

今回はタープ初体験とキャンプ場を拠点にしたツーリングでゆったりした旅に。

CB1100EXはやっぱり懐が深いバイクで燃費も23km/Lとそこそこの数値。

荷物でやや重心が高くなったが高速から下道、キャンプ場に続く砂利道までどこにでも行けるし相棒としてかなり優秀。

重量が重く、エンジンに面白みはないものの旅がよく似合う頼もしい相棒だと再確認しました。

走行も3000キロ近くなってきたのでまたインプレしたいと思いますノシ

レイクランドヒバラのオートキャンプサイトのご案内。

情報源: オートキャンプサイト – レイクランドヒバラ – 裏磐梯・桧原湖ゴールドハウス目黒