新型CB1100EX/RSの発売日決定 2017年1月20日(金)!

新型CB1100EXはType1のアップハンドルとType2のローハンドルと初期のモデルラインナップに。

需要あったんですかね?

どのモデルも

● ABS
● ETC車載器
● グリップヒーターおよび専用インジケーターランプ

の装備があって羨ましい限り。

その分値段が上がってますが・・・

やはりこの中だとRSを買うかな。

EXなら自分のモデルの方が断然かっこいい。うん。

でもサイドカバーは欲しいな・・・(´・ω・`)

Hondaは、空冷直列4気筒1100ccエンジンを搭載した定番の大型ロードスポーツモデル「CB1100」と「CB1100 EX」の各部の熟成と深化を図るとともに、17インチホイールを採用するなど、より軽快感のあるスポーティーな乗り味を実現した「CB1100 RS」を新たに追加し、1月20日(金)に発売※1します。

CB1100シリーズは「“鷹揚(おうよう)”ゆったり乗る・見せる・魅せられる」をコンセプトに、穏やかな出力特性の空冷直列4気筒1100ccエンジンを搭載し、二輪車本来の普遍性を感じるデザインを追求して開発。2010年3月の発売以来、高い質感と扱いやすい乗り味でお客様の価値観や所有欲を満たす伝統的なネイキッドスタイルの大型ロードスポーツモデルとして熟成・深化してきました。

今回のCB1100シリーズはシンプルでエモーショナルな佇まいと新たな走りの方向性を拡げることをねらいに、初代からの開発コンセプトを継承しつつ、CB1100 EXは所有する喜びをさらに深め、細部に至る仕上げと質感を追求し伝統的なスタイルの深化を図るとともに、従来モデルより5kgの軽量化を実現させました。CB1100 RSはスポーティーな走りを実現する17インチホイールの足回りを採用し、車体ディメンションや足回り主要部品を変更するとともにCB1100 EXよりもさらに3kgの軽量化を図り、応答性の高い軽快なハンドリングを実現させました。CB1100は従来からの端正なデザインを継続しながら、CB1100シリーズ共通の新設計マフラーとエアクリーナーを装着し、空冷直列4気筒エンジンの魅力を深化させました。

新型CB1100EX/RSの販売計画

なんとCB1100は生き残って併売です。

●販売計画台数(国内・年間)
CB1100 200台
CB1100 EX 1,200台
CB1100 RS 1,350台
●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
CB1100 EX<TypeI>/CB1100 EX<TypeII>
1,338,120円(消費税抜本体価格 1,239,000円)
CB1100 RS
1,378,080円*(消費税抜本体価格 1,276,000円)
CB1100
1,152,360円(消費税抜本体価格 1,067,000円)
CB1100 E Package
1,220,400円(消費税抜本体価格 1,130,000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

新型CB1100EX/RSのスペック

主要諸元

通称名 CB1100
EX <TypeI>
【 】内は<TypeII>
CB1100
RS
CB1100
〔 〕内はE Package
車名・型式 ホンダ・2BL-SC65
全長×全幅×全高(mm) 2,200×830【800】×1,130【1,110】 2,180×800×1,100 2,205×835×1,130
軸距(mm) 1,490 1,485 1,490
最低地上高(mm) 135 130 135
シート高(mm) 780 785 765
車両重量(kg) 255 252 252〔253〕
乗車定員(人) 2
燃料消費率※3 (km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※4
31.3(60km/h定地走行テスト値)
<2名乗車時>
31.1(60km/h定地走行テスト値)
<2名乗車時>
31.3(60km/h定地走行テスト値)
<2名乗車時>
WMTCモード値
(クラス)※5
18.9(クラス3-2)
<1名乗車時>
最小回転半径(m) 2.7
エンジン型式・種類 SC65E・空冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列4気筒
総排気量(cm3) 1,140
内径×行程(mm) 73.5×67.2
圧縮比 9.5
最高出力(kW[PS]/rpm) 66[90]/7,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 91[9.3]/5,500
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 16 14
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 3.083
2速 1.941
3速 1.478
4速 1.240
5速 1.074
6速 0.964
減速比(1次/2次) 1.652/2.222
キャスター角(度)/トレール量(mm) 27°00´/114 26°00´/99 27°00´/114
タイヤ 110/80R18M/C 58V 120/70ZR17M/C (58W) 110/80R18M/C 58V
140/70R18M/C 67V 180/55ZR17M/C (73W) 140/70R18M/C 67V
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 ダブルクレードル

情報源: Honda | 定番の大型ロードスポーツモデル「CB1100」「CB1100 EX」の熟成を図るとともにスポーティーな走りの「CB1100 RS」を新たに追加し発売

新型CB1100EX/RS

今回の新型CBはCB1100EXとCB1100RSという2モデルになった様子。

購入して半年で新型発表とかかなしみと思いつつもなんだか違った方向にモデルチェンジしたようなので、少し違った感情。

まずはCB1100EXの写真をば・・・

新型CB1100EX/RSのカラーバリエーション

新型CB1100EX/RSのカラーバリエーション

個人的にはCB1100RSの黒がかっこいいな

新型CB1100EX

CB1100EX

このアングルは素敵

CB1100EX

馴染めないタンク形状

CB1100EX

やはりタンクに違和感。でもかっこいいかも。

CB1100EX

エアクリカバーはこれがいいなぁw

CB1100EX

タンクが丸っこいんだよなぁ。

CB1100EX

やはりこのカバーだけ欲しい。

CB1100EX

エンジンは下半分が黒に。

CB1100EX

気に食わないけど多分ホールド感とか空気抵抗とかはこっちの方が良いんだろうなぁ・・・

中々かっこいいではないか、と思いつつも、この手のバイクに求めている見た目とちょっと違うのでは??

という印象。

というのもタンク形状がなんかスーパーフォアっぽいんだよね。

それ以外は素敵だがどうしてもタンク形状がこのバイクとは違う気がする。

タンクはバイクの顔でもあるので、雰囲気が一気に変わってしまった感じ。

オールドスタイルから方向を変えたのかな?

2chでも見たが、ある一定の旧車好きおっさんたちは取り込み済みで、もう違うターゲットを見ているということなんでしょう。

アラフォー周辺やそれ以上はもう行き渡ってるし、20代を意識しているのかもなと。

それでも羽マークは付けてほしかったかな。

で、このエントリーしている最中には何か見慣れてきてるので外したデザインというわけではないんだろう・・・

また、以下の公式サイトの内容を見る限り、パワースペックなどは変わっていないっぽいです。

でもLEDだったりスポーク周りが新設計だったりとやはり新しいものは羨ましい。

<CB1100EX/RSの主な特徴>
CB1100EX/RSは、タンク底板を縁取るシーム溶接のフランジを排除し、手作り品のような立体感を実現した「フランジレスフューエルタンク」を採用。往年のCBからの血統を感じさせる、彫りの深い曲面基調のフォルムを実現しました。また、サイドカバー、シート、リアフェンダー、ステップホルダーなど、細部の仕上げまでこだわり抜いた装備を採用し、構成部品一つ一つの形状、仕上げのみならず全体のバランスや質感の調和に注力したことで、さらなる“所有する喜び”を追求。CBの伝統を継承しながら、進化を遂げました。

CB1100EXは、トラディショナルなフォルムを守りながら、ヘッドライト・テールランプにはLEDを採用。前後18インチスポークホイールは、新設計の小径ハブ、アルミリム、ステンレス製40本スポークの採用により、CBブランドの伝統的な印象を高めるデザインとしています。

ちなみに

※10/21 更新間違っていたようなので修正しました。※

  • シート高は790mm 今までより5mm高く、新型RSより5mm低い
  • 車両重量は255kg。旧型257kg、ABS付きで259kg。ちょっと軽量化?
  • CB1100EXはパールシャイニングイエロー、パールサンビームホワイト、キャンディプロミネンスレッド

だそうです。

細かい部分はMCN参照してみてください。

ニューモデルCB1100RS

CB1100RS

新型はEXよりRSのほうがかっこいいかも

CB1100RS

黄色い前後サスがやる気を演出。なんかXJRみたいだが・・・

CB1100RS

このカラーはちょっとないかも。

こちらはCB1100の無印のモデルチェンジになるのかな?

小型タンクと低いシートをやめて足回りの強化とややけつ上がりな(実際は上がっていないと思うけど)戦闘的なイメージに刷新。

CB1100RSは、よりスポーティーなキャラクターとするために、前後ホイールにアルミキャスト製17インチホイールと幅広タイヤを装着。足まわりは、2ピースボトムケースフロントフォーク、ラジアルマウントブレーキキャリパー、リザーバータンク付きリアダンパー、新設計アルミスイングアームなどを装備し、軽快な走りを実現。空冷・DOHC・直列4気筒1100ccエンジンのポテンシャルを引き出したくなるような、走りの楽しみを提供する足まわりと組み合わせで、CB1100の世界を広げるモデルとしています。

個人的には新型ならRSが欲しいなと。

でもRSならDAEGやXJR1300Cが候補に入ってくるからホンダファンじゃなければ選ばれない気もする。

ちなみに・・・

※10/21更新 間違っていたようなので修正しました。※

  • 重量252kg
  • シート高795mm
  • CB1100RSのカラーはキャンディープロミネンスレッドとグラファイトブラック

とのことです。

こちらもMCN参照してみてください。

新型CB1100EX/RSのPV(動画)

なんとなくYAMAHAのFaster Sonをパクってないすかね???

新型CB1100EX/RSの発売日は?

まだ正式なアナウンスはないけど、おそらく来年2017年前半じゃないだろうかと。

つまり現行モデルは今年いっぱい。

というかもう生産してないのかもな。

それはそうと熊本工場は噴火もあって稼働平気なんだろうか。

ちなみに以下の特設サイトでホンダのニューモデルが色々演出されています。
http://jp.hondamotoglobal.com/

新型CB1100EX/RSの現段階の総評

個人的にはRSが欲しいなとか思っていますが、リアキャリアとか旅感が似合わない仕様になってしまったなと。

だとすると正直CB1100を選ぶ理由が私にはなくなってきそう(実物見たら変わりそうだがw)。

ネイキッドならXSR900などMTシリーズでいいし、旅なら700/900トレーサーがあるしと・・・あれ、YAMAHA凄いな。

ここに加えてBLOTにSCR950もあって、MT-10という親玉もくる。

このままだと国内(国産)はYAMAHA一色になりそうですね。

ホンダは試乗も少ないしフレンドリーじゃないんですよね。

今の時代にはサービスとかフォローとか全然あってない。

まあバイク業界が-っていうのはありますが、YAMAHAはその辺変えてきているイメージですね。

KAWASAKIはDAEG、W800の新型も気になります!

SUZUKIは・・・・(ry

なんか適当な日記でした。

ノシ

引用:公式リリース