Webサイトやブログの常時HTTPS化(SSL化)はアドセンスへの収益に影響もなくSEO評価も上がる

たまにはWeb系の話をば。IT土方ことエムオです。

もうタイトルと見出しですべてを語ってしまっていますが、これで私の中でFAとなりました。

なぜHTTPS化(SSL化)の話をしだしたかというと・・・

契約中のxserverがドメイン管理をエックスサーバー内で行えばHTTPS化(SSL化)が無料で行えるというので、早速運用しているサイトで導入してみたのです。
※このブログではありません、ドメインがエックスサーバーで管理できないものなので・・・

エックスサーバーの無料独自SSL

標準機能 利用料金 0円
ドメイン認証型SSLが無料・無制限で利用可能
当サーバーで運営中のドメインに対して無料・無制限(※)で独自SSLを利用することが可能です。
面倒な手続きもなく、Web上で誰でも簡単に利用していただけます。
証明書の発行時間もほとんど時間がかからないため、すぐにセキュアな環境でサイト運営をすることが可能です。

情報源: 独自SSLについて | レンタルサーバー【エックスサーバー】

今回HTTPS化を導入したサイト

https://tkdj.net/

ここで改めてHTTPS化(SSL化)のメリット

  • 悪意のある情報取得の防止
  • サイトの証明書を提示できる
  • SEO効果がある
  • Webサイトの表示速度向上
  • Chromeで安全と表示される

と言ったところがメインでしょうか。

SEOに関して、Google先生は完全にHTTPSにしておけとお達ししてますね。

以下のような温度感から・・・

Google では過去数か月にわたり、Google のランキング アルゴリズムでのシグナルとして、暗号化された安全な接続をサイトで使用しているかを考慮に入れたテストを実施してきました。この実験ではよい結果が得られているため、ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

情報源: Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS をランキング シグナルに使用します

以下のような明確な説明に変わっています。

Google は、より多くの HTTPS ページを探すよう、インデックス システムを調整していることをお知らせします。具体的には、HTTP ページに対応する HTTPS ページのクロールを開始します。これは、対応する HTTPS ページがどのページからもリンクされていない場合にも対象となります。同じドメインの 2 つの URL が同じコンテンツを掲載していると思われ、かつ、両者が異なるプロトコル スキームで配信されている場合、通常、以下の条件を満たしていれば HTTPS URL を選択してインデックスに登録します。

情報源: Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります

「Google Chrome」で2017年1月より、パスワードやクレジットカード情報を送信するHTTPサイトに安全でないことを示すマークが表示されるようになる。

ちなみに来年からは安全ではないというマークがChromeで出てしまうので、これは完全にHTTPSにしないと駄目でしょうね。

特に店舗系やサービス系のサイトは必須でしょう。

「Google Chrome」で2017年1月より、パスワードやクレジットカード情報を送信するHTTPサイトに安全でないことを示すマークが表示されるようになる。

情報源: グーグル、「Chrome」でHTTP接続を「安全でない」として警告表示へ

なぜ対応しないといけないのかっていう部分ですが、以下のサイトにわかりやすいたとえが書いています。

今日は、SEOの話題を。グーグルが、サイトでHTTPSを使っているかどうかをランキングシグナル(順位付けの要因)にすると発表しましたが、これはなぜなのでしょうか。SSLとコンテンツの質には関係ないのですが……。

情報源: グーグルはなぜHTTPSをランキングシグナルに使うことにしたのか | 編集長ブログ―安田英久 | Web担当者Forum

HTTPS化(SSL化)のデメリット

  • SSL取得料金が高い
  • リダイレクトや各種計測ツールなどの対応が面倒
  • アドセンス広告の収益が下がる※と言われていた

どうしても一般的なWebサイトやブログに導入すると、上記のようなデメリットがでてきてしまいます。

ただ、昨今の現状では上記に関してのデメリットはほぼなくなっています。

見ていくと・・・

SSL取得料金が高い

これはエックスサーバーやさくらインターネットが無料や格安プランを出してきました。

やはり世の中の流れなのでしょうね。

リダイレクトや各種計測ツールなどの対応が面倒

たしかにこれは面倒です。

私は以下の対応を行いました。

  • .htaccessで301リダイレクトの設定
  • WordPressのプラグインによる投稿記事の修正
  • GoogleAnalyticsの再設定
  • サーチコンソールの再設定

対応方法は以下のサイトがわかりやすかったです。

エックスサーバーが独自SSLを無料かつ無制限で利用できるようになりました。何年か前なら、年に結構なお金のかかっていたものが、無制限で無料です。ここまでお膳立てされたのなら、さすがに使用してみたくなります。なので、早速サブサイトのSimpli

情報源: WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

URLが憧れの「https」に!!! アドレスバーに鍵マークが付くとかカッケー!? この記事にたどり着いた方はご自身のWebサイトの「https 暗号化」を検討中ですか?! google検索エンジンが、Webサイトを常時SSL(https)

情報源: WordPressの常時SSLとhttpsリダイレクト!SSL証明書をエックスサーバーで取得

WordPressを下層ディレクトリに格納しているサイトに関しては、リダイレクト設定をする.htaccessをWordPressが入っているディレクトリにも置く必要がありますので、注意してください。

ちなみにインストールされているディレクトリと、表示ディレクトリが異なっている場合は、表示ディレクトリ内に.htaccessを入れてください。※これで1時間ほど頭を悩ませましたw

WPインストディレクトリ:testes.net/wpinst
WP表示ディレクトリ:testes.net/info

だった場合、infoに.htaccessを入れるイメージです。

HTTPS化でアドセンス広告の収益が下がる※と言われていた

この話はびっくりしました。

以下の2サイトにHTTPS化したサイトはアドセンス収益が下がると書いてありました。

個人ブログにSSLを導入しhttps化してみたものの、立ち上げてから気が付いたデメリットなどを紹介しています。

情報源: 個人ブログをHTTPSにするメリット・デメリット – SAKULIFESAKULIFE

Googleがhttps(SSL)に対応したサイトを検索上位にするということを発表しましたね。 □ Googl…

情報源: サイトをhttps(SSL)化するとアドセンス(AdSense)の広告収益は減るとGoogle | ちほちゅう

で、記事内の説明文を見てリンク先のGoogleのヘルプページを見たところ・・・

サイトを HTTPS に対応させることを検討している場合は、オークションから SSL 非準拠の広告が除外されることによって、オークションの競争率が低下し、HTTP ページに広告を掲載する場合よりも収益が低下する可能性があることに注意してください。

上記の様は記載はなくなっており以下のような説明がありました。

サイトを HTTPS に変更しても、多くのユーザーに表示される広告やオークションの競争率に影響はありません。ただし、HTTPS トラフィックが遮断されたり、阻害されたりする国のユーザーのみ例外です。

つまり、収益が下がってしまう次期はあったものの、今は全く問題がないとGoogle先生は仰っていることがわかります。

情報源: SSL 対応の AdSense 用広告コード – AdSense ヘルプ

サイトやブログのHTTPS化(SSL化)の結論

つまり、SSLが安くなった今、サイトを運営するならHTTPSにしといて間違いないってことですね。

個人のブログでそこまでやる必要があるのかというものもありますが、インターネットで何かをすることに対してはHTTPS化はやっといて損はないかと。

ただ、画像やリンクの参照先が別サイトでHTTPだった場合など、投稿をすべて修正する必要があるのでそこは注意点です!

あとは301リダイレクトは必須です!

ちなみに導入したサイトはHTTPS化前でもSEO的にかなり上位を占めていたのですが、HTTPS化により上位検索結果が確固たるものになっている印象です!

ではまたノシ