SHOEI J-FORCE4を購入しました

AraiのフルフェイスProfileがもう8年も使っていてヘタってしまったので、ヘルメットを新調しました。

今回もAraiと考えていたが、色々検索しているとジェットはSHOEIが機能的にもリードしているらしい。

さらに、新型のJ-FORCE4が出たばかりということで、早速ナップスに試着に向かう。

Amazonなら3万円で買えてしまう

定価48,600円が3万円ちょいで買えてしまうんだから量販店潰れてしまいますね。

試着だけしにいってすいません・・・

でも量販店ならフィッティングサービスがあるので、細かい調整がしたい人は量販店一択かと思います。

私の場合はお金もないのでAmazon一択。

サイズはMでした。

カラーはしろと迷ったがツートンカラーと地味めが良かったのでマットグレーに。

SHOEI J-FORCE4インプレ

シールドの曇り防止

視界の部分が2重構造になっていて、曇り防止の機能が備えられている。

なので、曇ってもすぐに気流の流れでクリアになる。

これは他のメットには戻れなそう。

そこそこ軽い

運転時に気になるようなことはなくこの機能でこの重量は凄いなと思います。

視界が広い

当たり前ですが視界がめちゃめちゃ広いです。

SHOEI J・Oも持ってますが、視界の広さは同じレベル。

高速走行

SHOEI J・Oの場合風切音が凄まじく乗ってられないレベルでしたが、フルフェイス並の静粛性です。

また、やや不細工ですが、シールドが顎まであるので巻き込み風も少ないというのがポイントかと思います。

真冬の中走っても風が首に入ってくることもなく問題ありません。

高速走行時に左右に首を振ってもメットのズレなどもありませんでした。

ベンチレーション

これもAraiよりも簡単に操作できて風をすぐに感じれました。

メガネしたままかぶれるか

まあこれはやり方次第です。

結構ずれますw

ただ、メガネをあとから付ける分には他のメットに比べて楽です。

イヤーパッドがインカム装着を想定している

これはさすがSHOEIの高機能ジェットだなと。

J・OとかAraiのフルフェイスに取り付けたときは耳が痛くて1~2時間で嫌になるレベルだったが、イヤーパッドがインカムスピーカーを取り付ける時は、パーツを差し替える形になっていて、形が変わらずに装着できる。

なので、耳が痛くなるどころか、スピーカーが変なところに移動したりもせず、聞きやすくてストレスが全くない。

静粛性も合わさって下道はもちろん高速走行時の会話も至ってクリア。

まとめ:SHOEI J-FORCE4は間違いなく買い

ジェットヘルメットの新調を検討しているのであれば、J-FORCE4一択と言っても過言ではないレベルにおすすめします。

フィット感、静粛性、インカム対応、曇り防止などの性能が申し分なく、値段も安く購入できる現状では最高の製品ではないでしょうか。

既に1500キロ位走りましたが、もうツーリングにはこれ一択です。

J・Oの出番はしばらくなさそう・・・

ちなみに購入時に迷ったものがもう一つ。

SIMPSONのM30。

見た目重視でSIMPSONのM30を買ってしまいそうになりましたが、いかに旅を快適にするかを考えると見た目よりも快適性を取りました。

しかもM30は値段もアホみたいに高いので・・・

まあそれでもかっこいいSIMPSON M30

いやほんとカッコはいいんですよね・・・

かぶった時にサイズが小さめなので頭でっかちにもならず、本当にスタイリッシュ。

お金がある人はおすすめしますw

結構かっこいいですよ。

二重シールドは自分で要取り付け。

説明書通りやるも結構大変。