先日、保湿クリームにはワセリンを使うと良いという記事を書きましたが。
乾燥対策の本題はコチラです。

肌が綺麗で潤っている時、それはお風呂から上がるときです。
その時に潤いを閉じ込めてしまえれば、お肌がカサカサにならずにすみますね。

気をつけるポイント

オイルを塗る時の一番大事なポイントは1つだけ、

タオルドライする前の濡れた肌に塗る

これだけです。
水気を拭き取った瞬間、あんなに潤っていた肌から水分がどんどん無くなっていきます。
お風呂でお肌のバリアである皮脂を洗い流してしまっているので、そのスピードは尋常では無いです。
クリームorオイルを塗るときは濡れた肌に塗りましょう。

私はバスルームにオイルを置いておいて、お風呂から上がるときに体に塗ってから外に出てタオルで水気を押さえるようにしています。

何を塗るか

もちろんこの前おすすめしたワセリンでも、保湿クリームでも良いです。
ただ、このシーンで私がおすすめするのはテクスチャがサラサラ系のオイルです。

結局蓋をしてしまえばいいので、クリームを厚く塗る必要は無いですし、濡れてるとはいえ伸びずらいものを使うと面倒になってしまうからです。その後服を着る時にべたつくのも嫌ですしね!

出典:http://www.muji.net/

普段私が使っているのは、無印のスウィートアーモンドオイルです。
ポンプ式なのでお風呂で使うのも楽ですし、お値段も安いのでドンドン使っても罪悪感がありません!w

また、ベビーオイルも刺激が少なく、サラサラなので良いと思います。

効果はあるの?

ひとことで言うと、効果てきめんです!
前から乾燥が気になっていて、乾いた状態でクリームを塗っていたのですが、朝には乾燥して痒くなっていました。
それが、濡れた肌にオイルを塗るようになって痒みが全然出なくなりました!
あと、風呂あがりこの時期だと寒いじゃないですか?オイルを塗ってから上がると膜がある感じであまり寒く感じません。
これは副産物ですね!

乾燥が気になる方は是非、試してみてください!
ではっ、ノシ